後半ショット今一歩ながら、アプローチショット絶好調「キャスコ花葉CLUB 本コース」 INDEX

後半ショット今一歩ながら、アプローチショット絶好調「キャスコ花葉CLUB 本コース」

本コース(リンドウ、シバザクラ、サルビア)花葉コース(ラベンダー、カトレア)の45ホール。本コースは旧小御門CCを改修したコース。花葉コースは新設コースだが、コース間のカートでの移動距離が長い。

本日は本コース、シバザクラはクローズでサルビア→リンドウのラウンド。全体的に距離は短く、ブラインドホールが多く、グリーンはうねっていて難しい。
前半のサルビアは、短いミドルでパオーオンして2つパーを取ったが、16Hティショット右に曲げてOB、前進4打をグリーン右端に乗せたが3パットしてトリプル。9Hショートもワンオンしたが、3パットしてボギーで47回。

後半のリンドウ、ティショット今一歩ながら、FW、アプローチの方向性がよく1パットのパーが5つ。6H3打目右に引っ掛けて木の根元でダボ。7Hショート寄せたがパッと決まらずボギー。9Hロング、ティショットカート道に当たって前に大きく跳ねて280ヤードのビッグドライブ。2打目グリーンが見えずでFWでうまくフェードで攻めて、残り40ヤード、これをピン横4メートルにつけたが、バーディパット決まらずで40回。8Hショートで短いパットを外したことが悔やまれる。

前半は20パット、後半は13パットでスコアの差はパットの差。パットが良かったというよりは、アプローチがピンに真っ直ぐ飛んで、そこそこの位置に付いた。

ラウンドレポート'21 | コメント (0) | トラックバック (0) | 編集 | TOP↑
前の記事:インもアウトもトリスタート、やはり歩きは疲れる!「総武カントリークラブ総武コース」
次の記事:前半またまた3パット4回、後半はややパットは復活したが、「大多喜城ゴルフ倶楽部」

コメント

コメントを書く

管理者のみ。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://letsgolf.blog.fc2.com/tb.php/1383-19c90c56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)